背景

実写もアニメも

漫画を実写化して成功した作品について

漫画作品を実写化する動きが近年加速度的に行われています、映画オリジナルの作品が減少する中で色々と利権があるのでしょうが賛否両論をあちこちで巻き起こしている。そんな中でも過去には大ヒットを記録した実写化も存在する。このサイトはそんな成功した漫画作品の実写化例を取り上げていきます。

背景

作品としての完成度

映画の場合

まず映画としての評価、こちらの評価は非常に高い。中でも主演を務めた多部未華子さんは今作にて、女優として箔をつけたとまで言われるほどだ。それというのも、彼女の雰囲気と爽子の様子が原作の告示しており、黒い長髪という芸能人には珍しい日本人らしいオーソドックスなものだったことから、瓜二つ過ぎるとまでおっしゃる方もいたほど。他のキャストにも注目は集まりましたが、中でも多部未華子さんの爽子は原作からそのまま出てきたような、等身大の姿に多くの人が好感を寄せています。

正直これ以上ないほど、漫画を実写化した作品の中では最高水準の成功例といえるほどにだ。その証拠として、興行収入は15億円を突破している。ただコアな原作ファンにとっては、爽子と風早の距離が近づくきっかけにもなる原作ならではの場面が弱いこと、映像化して欲しかった場面などがなかったなどもあって、不満を感じた人も少なく無いという。ただ原作ファンからも実写化すべき作品だと言われるほどで、しかも制作陣がよく作品を見ていたのか名シーンや名言などを多数用いられていたこともあって、多くの人が観賞して本当に良かったと言える作品になっています。

アニメの場合

続いてアニメについてですが、実写映画が公開される半年前に第一期シーズンの放送が終了している。なのでそれほど差はないものの、実写映画とは違ってやはりアニメでの再現度は半端ないことになっていた。事実、CS放送であるキッズステーションではリピート放送を何度となくされているほど、人気を呼んでいる。それくらい見ていて爽やかな、青春劇が見て取れるというのが分かるほどだ。

出演している声優陣の人気も影響はしているでしょうが、やはり原作をそのままに再現している点が大きく評価されている。爽子と風早だけでなく、あやねと千鶴、そして龍の5人を中心として様々な人間関係が展開されているため、感情移入もしやすいことでしょう。

アニメ作品としてだけでも十分すぎるヒットを繰り出し、その熱はセカンドシーズンにまで引き継がれていたほどだ。

男性もハマる

好きっていいなよ。 をご存じの方は残念ながらそこまで多いとはいえないでしょう。ですが君に届けに関して言えば、今作は女性はもちろんですが男性でも読めば必ずハマると称されるほどに作品への評価がとても高い。事実、少女漫画の中で『死ぬまでに一度は読んで損はない』とまで言われるほど。ただそれもあながち間違っていない。

確かに少女漫画らしいドロドロとした部分は出てくるものの、基本的には風早と爽子の二人が織りなす純愛がテーマで、全体的に見ても色恋沙汰は爽やかで見ていてすっきりする内容だからだ。恋愛物になるとどうしてもこじれて男女どころか、友人同士の関係までもが崩壊するという鬱展開が繰り広げられることも少なくない。そうした愛憎入り乱れる展開や、淫らに性的な奔放さがないウブな恋愛模様は誰が見てもシンプルと感じられます。

恋愛要素は多くの漫画で取り上げられていますが、どうしても何かとトラブルが予期せぬ方向に進展するなどしてしっちゃかめっちゃかになったりしがちだ。ただそれでも、一人の男を巡る愛憎劇の果てに愛する男を殺して、その彼女に首を掻き切られて腹を裂かれる作品よりかはマシでしょう。